人気ブログランキング |
カテゴリ:カフェ&ショップ( 14 )
パリのスタバでコールドブリュー
ルーブル美術館内にあるスタバでひと休み。

初コールドブリュー!
お腹空いていたので珍しくラテを注文


f0242532_02353120.jpg

あれ?ラテにしてはミルク少なくない?
ってかそもそも仕上がりが宣伝用写真と違う〜。写真のはコーヒーとミルクが半々の量で2層になってるのに〜

よって私の苦手な味に。私は無糖ブラックか、みるくーたっぷり、なんならコーヒー牛乳みたいなのが好み。

ブラックだったらきっと美味しかったはず、と思った次第。ざんねん。

ま、でも、ここ数年でやっとパリのスタバでアイスコーヒーが飲めるようになったのはありがたい。そもそもアイスコーヒーなるものがフランスでは存在しなかったのですから。むかーし、どーしても冷たいのが飲みたくて、でもアイスティーもなかったので、熱いコーヒーに氷を入れてってお願いしてスタバの店員さんにびっくりされた記憶あります・苦笑。「ええ?氷入れるの?!」みたいな。ちゃんと入れてくれたけど。

そうそうフランスではアイスティーも下手すれば缶のアイスティーがでてきて、今でもホームメイドと書いてあっても、気をつけないと砂糖入りでほんのり甘いんですよ。なので無糖派の方は要注意ですよ〜。


ルーブル美術館内
リシュリュー翼のメザニン階
*美術館利用者のみ利用可能
*Carrousel du Louvre内のスタバは美術館に入場しないでも利用できます





by bettyko1 | 2019-05-17 02:33 | カフェ&ショップ | Comments(0)
パリ老舗店のコーヒー豆
f0242532_19540551.jpg

コーヒー派?紅茶派?って聞かれたら、私は断然紅茶派。けれどコーヒーの香りは大好き。朝起きたら味噌汁の匂い、ではなく、コーヒーの香りが漂ってくると幸せな気分になります。でも飲むのは紅茶だけど・苦笑

カフェ文化が浸透しているフランスでは、やっぱりコーヒー派が多い気がします。それに紅茶派の私でも不思議とフランス料理を食べると〆のコーヒーが欲しくなるんですよねえ・・・

さて、メキシコ土産にもらったコーヒーがあまりに大ハズレだったので、ようやくそれを飲みきったところでパリで100年以上の歴史をもつ老舗焙煎カフェ「ヴェルレ (Verlet)」で豆を購入。

たくさんある中から選んだのは私の好きなブラジル産Yellow Bourbonと、お店のおねえさんおすすめ&カフェで今月のコーヒーとして使用しているというパナマ産La Torcaza。


パッケージもおしゃれ
f0242532_02495543.jpg

ペーパーフィルター用に挽いてもらいました。さすが挽きたての豆はものすごくいい香りで、帰りのメトロの中でも手にした袋からコーヒー豆の香りがずっと漂っていましたよ。

今回購入したブラジル産はフルーティー、パナマ産はショコラな味わいが特徴なんですって。気になるお値段はブラジル産が7,5ユーロ/250g、パナマ産が13ユーロ/ 250gでした。アジアから南米まで様々な国の豆が売られていますよ。インドネシアのルアックコーヒーも売られていました。目が飛び出る値段でしたけど苦笑。

店内のカフェもクラシックでなかなか素敵な雰囲気でおすすめです。ちなみにカフェの目の前には白い陶器が人気の「アスティエ(Astier de Vilatte)」のお店がありますよー。

ちなみにフランスでもネスプレッソマシーンは今だ人気で持っている人は多いけれど(ただし、ネスプレッソカプセルは高いのでスーパーで別ブランドを買って使用している人多し)、これはもっぱら人を家に呼んだ時(美味しいのはもちろん簡単便利なので。何味にする?なんて会話も楽しい)やちょっと一息なんて時用で、朝ごはんの時などはたっぷりのフィルターコーヒーを飲んでいる人が多い感じです。


*Café Verlet*
256, rue Saint Honoré
75001 Paris
月〜土 9:00 - 19:00
日休み



by bettyko1 | 2019-03-24 19:23 | カフェ&ショップ | Comments(0)
パリの抹茶カフェ@「UMAMI MATCHA CAFE」
1年半ほど前に、北マレはレピュブリック広場近くにフランス人がオープンした抹茶カフェに行ってきました。
以前からカフェの存在は耳にしていて、ある日偶然に前を通りかかり「ああ、ここにあったんだあ」と思って以来何度か前を通り、店内のショップも覗いて見たことはあったにもかかわらず、肝心のカフェ席についたことはなかったんですね〜。


カフェスペース
*カウンターの向こう側がショップスペースです
f0242532_07535284.jpg
カフェスペースは比較的ゆったり。私たちはガラス窓際の角の席に腰を落ち着けましたよ。この日の客層は全てフランス人。



抹茶ラテ
f0242532_07532446.jpg
ラテアートは葉っぱ。かわい〜。想像どおりの味。


抹茶入りコーヒーMILITALLI
f0242532_07533602.jpg
一口目は「なんじゃこりゃ?!」という感じでしたが・苦笑、コーヒーの苦味の中に抹茶の味がブレンドされた味。いや逆か?!。いずれにしても飲み馴れてくるとこれはこれでなかなかいいかも。スパイス、バニラ入り。

どちらも砂糖は入っていないので、甘さは好みで。私はノンシュガー派。

なかなか居心地のいい空間で、相変わらずのおしゃべりにも花が咲き、ついつい長居してしまったのでした。お水(水道水)は備長炭入り。この備長炭、店内で販売もしています。

以前ここに行った茶友が「かなりイマイチな味」と言っていたのですが、決してそんなことはないかと。私も茶友も普段から日本の専門店で直接買った質の良い新鮮な抹茶を飲み馴れてしまっているので、それと比べちゃあね。別物として楽しむのがいいかな。

ここ、朝食やランチ、ケーキ類も楽しめるようです。

ショップスペースはお茶関連の物だけでなく、日本の調味料なども販売。どれもオペラ界隈の日本食材店ではお目にかかれないような、なかなかセンスのいいチョイス。日本のおしゃれな食のセレクトショップにありそうなものがいっぱい。値段もパリにしてはびっくりするほどの値段ではないのが意外でした。日本にそうそう頻繁に帰れるわけではないし、ただでさえ多い荷物に加えてかさばる&重いものを持って帰ってくるのはなかなか大変。持って帰れる量にも限りがあるので、こういうものがパリで納得のいく値段で購入できるのは有難いと思ったりするのでした。


*UMAMI MATCHA CAFE*
22 Rue Béranger
75003 Paris
月曜休み



by bettyko1 | 2018-12-12 18:12 | カフェ&ショップ | Comments(0)
パリのカフェ@「Café de L'Industrie」
今日は朝から寒い1日でした。なんと午前中は予報どおり雪もちらほら。途中から雨交じりの雪に変わったのですけれど、どうりで寒いはずですよ。火事に遭ったというparishanaちゃんに電話をしたら、郊外はちょうど雨交じりではないれっきとした雪がたくさん降ってるって。ひえ〜。

さてさて。

以前バスティーユ界隈で手頃な値段で気軽にさっとランチを食べることができるレストランかカフェを探していた時、「ここ時々行くのですけどいいですよ、いっつも混んでるんですけど」って茶友にすすめられた「Café de L'Industrie (カフェ・ド・ランドストゥリー)」にしてきました。

予約はできないというので11時40分頃に行ったらすでに席はいっぱい。けれどどうやらカフェの前に同じ名前のレストランがあり12時に開店するというので待つことに。結局カフェのほうの席が先に空いてそちらに案内されました。

なんと平日日替わりランチメニューは前菜+メイン+デザートで13ユーロ。パリでこの値段は驚き。
ただチョイスはなし。この日のメインはアッシュ・パルモンティエ(ひき肉とジャガイモのオーブン焼き)だったのでイマイチ気が乗らなかったのですが、なんといってもこの値段なので試してみることに。


前菜
人参とクミンのスープ
f0242532_17223909.jpg
この日は寒かったからあったかいスープがうれしかった。ほんのりクミンが効いていて優しい味でおいしかったです。バゲットを浸して食べました。


メイン
f0242532_17225534.jpg
うーん。あまり味がない。思わず友達と二人してガンガン塩とこしょうをかけまくり。ジャガイモもちょっと水っぽいかなあ。でも3品で13ユーロですからね、文句は言えませんよ。見た目よりずっと軽めのなのですごい大きかったのですけれど、結構食べれちゃいました。

アッシュ・パルモンティエは自分で義理ママのレシピを使って作ったほうが断然ウマし苦笑。アッシュ・パルモンティエはね、ポトフの残り肉で作るのが断然おいしいんですよ。


デザート
ムース・オ・ショコラ
f0242532_17230978.jpg
ムース・オ・ショコラは基本自分では絶対に選ばないデザートの1つなのですけれど、ふつうにおいしかったです。

まわりを見たらアラカルトで頼んでいる人のほうが多かったな。でもアラカルトも手頃な値段だし、食べたいものが食べれていいかも。

ワインも安くて1杯4,5ユーロから。5ユーロのサン・ニコラより、4,5ユーロのBioのcôte du Rhôneのほうがおいしかった・笑。

食後のコーヒーにいたっては1,8ユーロ。これも安い。パリだと大抵2,5ユーロ前後ですから。

バスティーユから徒歩5,6分のこのカフェ、雰囲気もいいし、比較的静かでなかなかよかったです。

*Café de L'Industrie*
16, rue Saint-Sabin
75011 Paris



by bettyko1 | 2018-11-21 03:22 | カフェ&ショップ | Comments(0)
カフェ「Le Used Book Café」@ Merci (メルシー)
北マレにあるコンセプトショップ「Merci (メルシー)」併設のカフェ「Le Used Book Café」で休憩がてらお茶。いつもは大抵混んでいるのですが、たまたまこの日は空いていました。


f0242532_21224758.jpg


喉がカラカラだったので
ホームメイドアイスティー
f0242532_21230700.jpg


ここのはちゃんとホームメイド、しかも無糖なのがうれしい。
フランスでアイスティーというと、残念なことにガムシロップを入れてしまってあるものが多いのですよ。しかもヘタなカフェに行くと、ホームメイドと書いてありながら缶の甘ったるいアイスティーをコップに入れて出してくるところもあるので要注意ですよ。

ちなみにここのアイスティーはフレーバーティーを使用。熱いフレーバーティーはあまり好きではないのでだけれど、アイスティーは好き。ここのところ暑いので、自分で作って毎日飲んでいます。

レジ横においしそうなホームメイドケーキがずらっと並べてあったけれど、お腹がいっぱいだったので諦めました。残念。甘いものは別腹とばかりに食べられる胃と、食べても太らない体がほしい・笑


*Le Used Book Café*
@Merci
111, Boulevard Beaumarchais
Paris 75003




by bettyko1 | 2018-08-03 00:00 | カフェ&ショップ | Comments(0)
カフェ@「Café Pimpin」
パリは18区、Jules Joffrin(ジュール・ジョフラン)にある図書館へ行ったら、偶然目の前にオシャレちっくなカフェ発見。

まだお昼を食べていなくてお腹が空いていたので、腹が減っては戦はできぬ、と勝手に言い訳をつけて遅めのひとりランチ。

ものすごく天気がよかったので迷わずテラス席で。

f0242532_03592460.jpg

メニューもオサレ
f0242532_04001148.jpg

迷った末、軽めにサラダ。
軽めといってもこっちのサラダは結構ボリュームあるんですけどね笑


シトロネルジュースと一緒に
f0242532_04003523.jpg

アンティークなお皿がとってもかわいかったのでウラのマークをチェックしたら、イギリスのJohnson Brothersというイギリスの陶磁器会社のもので、Hyde Parkという名前のシリーズであるらしい。

欲しいなあと思ってネットでチェックしたら、e-bayなどで結構売られていたのだけれど、販売主がどれもアメリカ。なぜゆえに?!
なんだか無性にイギリスの蚤の市に行きたくなった。フランスの蚤の市も好きだけれど、イギリスのはフランスのとはまた雰囲気の違ったものがあって好き。


キャロットケーキ
f0242532_04005896.jpg

お腹いっぱいだったけれど、どうしても食べたくて、卑しさが勝ってテイクアウト。ホームメイド感たっぷり。

このキャロットケーキがすっごくおいしかったので、自分でも作りたいなあって思ってレシピ検索をしたら、なんだかとっても大変そうだったので、良さげなレシピをブックマーク登録し、そのうち時間に余裕ができたら挑戦することにしましたよ。

このカフェ、おそらくオーナーはイギリス人。フランス語をほとんど話せないスタッフもいたし。
でもみんな感じよくて、サラダも美味しかったけれど他の人たちが食べているものも美味しそうだったなあ。
デザートはイギリスらしくスコーンなんかもあり。

我が家からちょっと遠いのが難点か?!


*Café Pimpin*
64 rue Ramey
75018 Paris



by bettyko1 | 2018-04-27 00:17 | カフェ&ショップ | Comments(0)
コンランショップ@パリ左岸 
ボン・マルシェの裏にあるパリのコンランショップ
f0242532_03064046.jpg

前を通りかかり、吸い込まれるように足を踏み入れてしまいましたよ・笑

そして買っちゃいましたよ、植木鉢。

ちょっとシャビーシックな感じ?に一目惚れ。
そうそう、こういうのを探してたのよ。
値段も10ユーロ以下。コンランショップなのに・・・笑

f0242532_22011694.jpg

でもこの植木鉢、底に穴がない。。。。
自分で開けるに素材が脆すぎるので、とりあえず水のいらないドライフラワーを。

ちなみにこのドライフラワーは、レンヌに住む義理母が毎年庭に咲く紫陽花をドライにしたもの。
ブルターニュ地方は季節になると至るところで紫陽花が咲き乱れていてとてもきれいなんですよ。




by bettyko1 | 2018-03-14 20:05 | カフェ&ショップ | Comments(0)
カフェ@「ル・プログレ (LE PROGRES)」
モンマルトルの丘にあるビストロ&カフェ「ル・プログレ (LE PROGRES)」。

時間つぶし+トイレへ行くためにひょいと入ったカフェ。
f0242532_06250646.jpg

通りに面した壁はガラス張りなので、小さな店内は開放感があり明るくていい感じ。


アールデコ風なインテリア
f0242532_06252981.jpg

お腹が空いていたのでカプチーノ!
泡モコモコ〜
f0242532_06254172.jpg


*「LE PROGRES」*
7 Rue des Trois Frères,
75018 Paris

by bettyko1 | 2018-01-13 09:03 | カフェ&ショップ | Comments(0)
ショコラショー@カフェ「quartier VAVIN」
あまりの寒さに身体が冷え切り、たまたま近くにあったのでトイレ休憩も兼ねて(笑)駆け込んだカフェ。

ショコラショー(Chocolat Chaud)を頼んだら、ありがちな粉インスタントじゃないのが出てきましたよ。

期待してなかったのでちょっとうれしい
f0242532_17462133.jpg
しかもミルクは牛乳か豆乳か選べるという。でも全員牛乳チョイス笑

店内もオシャレ
f0242532_17480010.jpg
テラス席はどこにでもあるカフェって感じなのですけど、店内は席間にも余裕があり、静かで落ち着いた感じ。
トイレはきれい&鳥の鳴き声がしましたよ笑

フランスのカフェのトイレ、昔はどこもほんっとできれば使いたくない感じだったのですけれど、今はかなりきれいになりましたね。フランス人の衛生観念が変わってきたのでしょうか、とはいっても使い方は相変わらずよろしいとは言えないことがまだまだ多い気もしますが。。。

お店の人も感じよかったですよ。ここ大事ね。

f0242532_17542013.jpg



by bettyko1 | 2017-11-15 17:42 | カフェ&ショップ | Comments(0)
カプチーノ@カフェ

モコモコカプチーノ
泡がカップから完全にはみ出してます・笑
f0242532_08130094.jpg
@ポルト・ドゥ・ヴァンヴ(Porte de Vanves)駅前のカフェ



by bettyko1 | 2017-10-06 08:19 | カフェ&ショップ | Comments(0)



パリ発信、観光、おいしいもの情報、ときどきにゃんこ。仏人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31