アンティーク小瓶
ここのところパリはグンと気温が下がり、昨日今日はなんと白い雪がチラホラと舞い降りました。

外はどんより鼠色、あまりの寒さに家の中はいつまでたっても暖まらず冷え冷えだったので、気分アップに明るい色の花を飾ってみました。

もうかなり開いてしまっているけれどチューリップ
春を感じさせてくれる黄色
f0242532_07221383.jpg
花を挿した瓶たちは、去年の日本一時帰国の際に遊びに行った鎌倉にある古道具屋「うちだ」さんで見つけたもの。びっくりするほど安かった。もっと買いたかったけど、スーツケースに入れてフランスに持って帰るため、重量も考えながら選びましたよ。ふぅ。

1段目の瓶は明治乳業の瓶。いつ頃のかなあ。あ、なんか懐かしいって思ったから、昭和40年代くらいのものかなって思うのだけど。


これは病院で使われていたらしいオリジナル薬瓶
田中院って書いてあります
*「醫」は「医」の旧漢字
f0242532_07221565.jpg

白いアマリリス
この花瓶はアンティークではありません苦笑
咲く前のこの黄緑色の感じが結構すき
f0242532_07221817.jpg

[PR]
by bettyko1 | 2017-02-12 08:15 | 日々のこと | Comments(0)
<< オーガニック化粧品CODINA... フレンチ@「Restauran... >>



パリ発信、観光、おいしいもの情報、ときどきにゃんこ。仏人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31