人気ブログランキング |
「ル・ブーランジェ・ドゥ・ラ・トゥール」(Le Boulanger de la Tour)
久しぶりのパン屋ネタ

ノートルダム大聖堂の様子を見に行った帰り、お腹空いたなあって思いながら歩いていたら

目の前にパン屋が!

しかも!

「ル・ブーランジェ・ドゥ・ラ・トゥール」(Le Boulanger de la Tour)!


観光客がいっぱい
f0242532_04394764.jpg


目の前はセーヌ河沿いに佇む超高級レストラン
「ラ・トゥール・ダルジャン(La Tour d'Argent)」
f0242532_04400340.jpg
400年以上の歴史をもつ老舗名店
とはいえ、かつての勢いはなく、3つあった星は今は1つ


あれ?なんかちょっと名前似てない?!
そうですよ、このパン屋さん、トゥール・ダルジャンの経営です

実はこのパン屋さん、気になってはいながら毎回タイミングが悪く、また来ればいいや、なんて思って一度も買ったことなかった。ので今回初。いや、一度だけバゲットを買ったことがあったか?!うーん、全く記憶にない・・・・


ま、いいや。とにかくお腹ペコペコ、時間もちょうどおやつの時間だったので、チョイスしたのはこれ


パン・スイス
お店によってはペピトとも
f0242532_04405407.jpg
焼きたてだったのでグニャリとなってしまった

たっぷりのチョコが熱でトロっと溶けて激ウマ。空腹の胃にしみるしみる。実物は写真で見るよりもう少し大きいのですけど、ぺろっと食べちゃいました。
パン・オ・ショコラとの違いは生地にクレーム・パティスリーというカスタードクリームのようなものが入っていること。なのでかーなーり甘いです。カロリー半端じゃないですよ。でもカロリー高いものってウマイ。店によってはブリオッシュ生地を使っているところもありますが、私はパイ生地のほうが好み。


定番クロワッサン
f0242532_04402054.jpg
見た目おいしそうだったので買っちゃった

f0242532_04403875.jpg
外は見た目どおりサクサク。齧るとバターの風味がフンワリ口の中に広がってうまい
バターがくどすぎないのぺろっとイケる


全粒粉のパン
f0242532_04411330.jpg
外はカリっと、中はしっかりめ
なかなかイケる


袋は
コーラルピンクピンクに
トゥール・ダルジャンのマーク
f0242532_04412701.jpg
かわいい

ついでに菊ちゃんもかわいいよ(飼い主バカ)



とうもろこしのパンとショソン・オ・ポムも気になったので次回トライしてみよう。


*Le Boulanger de la Tour*
2, rue du Cardinal Lemoine
75005 Paris





# by bettyko1 | 2019-04-20 05:07 | パン&お菓子 | Comments(0)
ノートルダム大聖堂火事の翌日
parishanaちゃんと賑やかにむしゃむしゃご飯を食べてたら、ダンナから「ノートルダムが燃えてる!149.png142.png142.png 149.png 」というメッセージが入って来た時には、おもわず「ええええ?!」と声を上げてしまいました。

翌日現場近くへ足を運んだら、周囲は煙の臭いで充満していました。
近隣のメトロは閉鎖されていたので、途中下車して歩いていきました。


ああ、やっぱり塔がない〜
f0242532_02560373.jpg


東側正面入り口
被害状況をチェックをしている模様
f0242532_02563715.jpg


焦げてるし
f0242532_02580946.jpg


南側のバラ窓
焼失は免れました
f0242532_02574805.jpg


各国のメディアが張り付いて生中継中
f0242532_02572966.jpg


生レポート中
f0242532_02570817.jpg
大聖堂西側
ここでも被害状況チェックが行われていました
f0242532_02583673.jpg

西側全体像
無残な姿に・・・
f0242532_02585731.jpg

今回の消火にあたってはパリの消防隊員たちが大活躍。おかげで全壊を免れ、聖遺物を含む多くの文化財の焼失も免れ、一番古いステンドグラスやパイプオルガンも少なくとも焼けずにすみました。大聖堂を守るために危険な炎に立ち向かってくれた消防隊員たちの勇気は素晴らしかった。さすがパリのヒーロー!死者がでなかったのも不幸中の幸い。
ちなみに大西洋をわたった大国の大統領の発言は、フランスでは大いに失笑を買っております。

マクロン大統領は2024年のオリンピックまでの修復を目指しているようですが、果たしてそんなに早く終わるのか?!
今回焼けた落ちた19世紀半ばのヴォイレ・ドゥ・デュックによる塔は当時の設計図を元に再建可能とのこと。
問題は焼失してしまった木組みの屋根部分。同じように再建するためには1,300本の巨大な木材が必要なのだそうです。けれどそれだけの木材を調達するのは不可能とのことで、見える部分だけ木材を使って内部には別の資材を使用するかなど色々と再建に向けて検討がされているようです。



# by bettyko1 | 2019-04-18 04:38 | パリガイド | Comments(0)
ドラクロワ美術館
はじめてドラクロワ展へ


f0242532_02515866.jpg

ドラクロワが実際に住み、アトリエとして使用していた家です。ここで生涯も閉じました。



ルーヴル所蔵の有名な絵の下書き
f0242532_02522491.jpg


彼が実際に使っていた筆とパレット
f0242532_02523812.jpg

展示品は毎月入れ替わるらしい。小ぢんまりしているのでふらっと立ち寄るのにちょうどいい感じ。


アパルトマン裏に建てた彼のアトリエ
f0242532_02530053.jpg

アトリエ前の庭はここがパリのど真ん中か!というくらい静か。


ドラクロワ美術館スペシャルティーなるものをいただきました
f0242532_02533160.jpg
ブラックティー&いちじく、オレンジ、ハチミツのフレーバーティー
このお茶は特別サービス。茶葉は売店で買えます。



この日は第1日曜で入館料は無料。そのせいもあってか私達が美術館をあとにする15時過ぎにはすごい人。早めに行ってよかった。

ちなみに通常、ルーヴル美術館と同じ入場券で当日または翌日のみこの美術館に入館できますよ。


ついつい買ってしまったポストカードは


やっぱり猫モノ

f0242532_17465179.jpg

ドラクロワってトラとかだけじゃなく、ネコも描いたのね〜



Le musée national Eugène-Delacroix
6 Rue de Furstemberg,
75006 Paris




# by bettyko1 | 2019-04-11 16:30 | パリガイド | Comments(0)
モンスリ公園の桜🌸
土曜日、桜を愛でにパリ14区にあるモンスリ公園(Parc Montsouris)へ行ってきました。


満開!
f0242532_02090268.jpg

f0242532_02375664.jpg

ピンクの八重に混じって白い桜も。見た目は八重よりもソメイヨシノに似ている。2本の木が交差しているのかと思ったら、八重の木から枝分かれしたものでした。不思議〜。
f0242532_02092368.jpg

こんな天気のいい日は一緒に散歩できるワンコが欲しくなるよね、ニャンは一緒に散歩できないのがさみしいよねなんて話していたら、猫を散歩させているおばちゃん発見。リードをつけて散歩している猫を見るのは初めてではないけれど、その大人しさには感心。個体の性格にもよるだろうけれど、ちっちゃな頃から慣らされているのねえ、なんて感心した矢先、鳩が舞い落り


2ニャンとも釘付け
f0242532_02101668.jpg

だよね、そうこなくっちゃ!



ついでにモンスリ公園前のシテ・ウニヴェルシテ(国際学生会館&寮)の敷地内にもお邪魔してみました



ここも満開!
f0242532_02104456.jpg

日本館の庭の桜よりも、なぜかイギリス館の裏庭に咲いてる桜のほうが迫力あり。ベンチもあるし。といってもイギリス館敷地内なので私たちはここでお花見はできませんけど。




# by bettyko1 | 2019-04-08 02:50 | パリガイド | Comments(0)
ひつじとヤギのヨーグルト
初めてひつじとヤギのヨーグルトを試してみました!

先日仏人友達と食べ物と体調の話をしていたら、彼も私同様、乳製品を摂るとお腹の調子がよろしくなくなるというのを聞いてびっくり。しかもこれって年齢によるものなんですって!ちなみに彼は50代前半。私的にはアジア人とヨーロッパ人の体質の違いだと思っていましたよ。

で、そんな彼は最近は牛のヨーグルトの代わりに、より胃腸に優しいという羊やヤギのヨーグルトを食べているというので、早速私も試してみることにしたというわけです。


まずはヤギのチーズ。ヤギはフランス語でChevre(シェーブル)です。

写真のは無農薬ショップ「ナチュラリア」で購入。でも実は私ヤギってクセが強くて苦手なんですよ。一緒にいたAちゃんがこのマークのは食べやすいかも、しかもヤギの苦手な人でも食べれたって、というので試しに。


やぎのマークがかわいい
f0242532_05431594.jpg

が、

味はかわいくなかった

途中でギブアップ

確かにクセはそこまで強くないけれど、やっぱりヤギ独特のニオイが。。。ハチミツをかけて食べたら、カフェでよくでてくるヤギチーズのサラダの、パンにヤギチーズとハチミツを乗せてトーストしたのの味そっくり。まあそう思えば食べられるけれど、朝ごはんや食後のデザートとしては私的には無理。


それをAちゃんに言ったら、モノプリブランドのひつじのギリシャヨーグルトが美味しかったというので早速買ってみました。


ひつじはフランス語でBrebis(ブレビ)といいます
f0242532_05430132.jpg
うっかり写真撮る前に開けようとしてパッケージ破いちゃいました。
雑な性格丸見えですね・汗

で?お味は?

うん、イケる!


ヤギのヨーグルトに比べると、いや比べるまでもなくほとんどといっていいくらいクセがなくておいしい!これならデザートにも朝ごはんにもいける!ただギリシャヨーグルトってかなり濃厚でお腹にズシンとくるので、贅沢をいえばもう少し軽いのがいいなあ。

というわけで、次回は先ほどのヤギのチーズと同じブランドのひつじのほうを買って試してみたいと思います。

それにしてもさすが農業国フランス。乳製品豊富なり。そしておいしい。フランスのヨーグルトの味を一旦覚えてしまうと、日本のヨーグルトはヨーグルトでなくなっちゃいます。

これからまた大好きなヨーグルトをお腹の調子を気にせず食べられるようになったらうれしいな。

お気に入りの味探し、もう少し続きそうです。



# by bettyko1 | 2019-04-06 19:51 | おうちごはん | Comments(0)



パリ発信、観光、おいしいもの情報、ときどきにゃんこ。仏人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30