2024年パリ・オリンピック!
昨日、2024年オリンピック開催地が正式にパリに決定。

というわけで、夜のニュースはそのことで持ちきり。
f0242532_16313846.jpg


テレビ画面右上はトロカデロを映したもの。オリンピックの5つの輪のオブジェが置かれています。
これってしばらくここに置いておく予定なのかなあ。気になる。

テロだなんだと暗いニュースの続くフランスですが、これをきっかけに盛り下がりの観光業が復活していってくれるといいなあ。




[PR]
# by bettyko1 | 2017-09-14 16:39 | 日々のこと | Comments(0)
ブロカント@サン・モール・デ・フォッセ (St-Maur des Fossés)
4年前に一度行っていいなと思ったブロカント(その時の記事はこちら)へ行ってきました。

場所はサン・モール・デ・フォッセ (St-Maur des Fossés)というマルヌ川近くにあるパリ郊外の町。

出店数が以前に比べて少なく、といっても規模の大きいブロカントなのでそれなりの出店数なのですが、いまいち賑やかさにも欠けた感がありました。昨年はテロを憂慮して中止されたようなのでその影響がまだ残っているのでしょうか。

ブロカントというよりはヴィッド・グルニエ的*なお店が多かったのですが、いくつかいいものが見つかりました。
*屋根裏を空にする=素人が家にあるガラクタや不用品を売るかたち。日本でいうとフリーマッケットのような感じでしょうか。

オヴァル型の皿
おそらく19世紀後半から20世紀初頭のもの
f0242532_22383383.jpg
Choisy le Roi Hte BOULQNGER & Cieの刻印入り
f0242532_22391181.jpg
メッキだけれど一目見て気に入ったスプーンとフォークのペア
f0242532_22393435.jpg
f0242532_22401655.jpg


ブリキのバケツ
f0242532_05101022.jpg
穴の開いた蓋つき
何に使われていたのかなあ
f0242532_05102994.jpg







[PR]
# by bettyko1 | 2017-09-13 05:16 | 日々のこと | Comments(0)
四川料理@「Saveur du Sichuan (川江号子) 」川江号子
以前たまたま前を通りかかって気になっていた四川料理のお店「Saveur du Sichuan (川江号子) 」へ行ってきました。
f0242532_23430589.jpg
その時は前に列ができていて、しかもお客さんの95パーセントが中国人だったので、食に貪欲な中国人のことだからきっと美味しいんだろうなと。
f0242532_23430796.jpg
早めの時間だから並ばないで済むだろうと行ったらすでに満席。30分くらいで空くというので言われるがままに名前と携帯番号を残してカフェで待ったけれどいつまで経っても連絡なし。しびれを切らして行ってみたらだんなが予想した通り私たちより後から来た人たちがすでに席についてましたよ。フランス人もアテにならないけど中国人も全くアテになりませぬ。

幸いすぐ席が空きそれ以上は待たずに座れました。よかった。
今回も95パーセント中国人。客層的には学生っぽい若い世代がほとんど。

どうやらここは鍋が人気らしく、ほとんどの人がそれを食べているので私たちもそれに倣って。寒かったしね。
鍋は牛肉、豚、魚、魚介系、内臓系から選べます。私たちは迷わず豚さん。

コンロにドカンと!1つの鍋で2〜3人分らしい。

わー!赤い!唐辛子がこれでもかーって入ってるう〜!
パクチーもたっぷりー!
f0242532_23431053.jpg
別皿でくる白菜、はるさめ、湯葉?!を加えていただきます。
f0242532_23430299.jpg
あつーい!からーい!おいしーい!
四川胡椒もたっぷり効いてます。

骨つき肉は軟骨までやわらかーい。コラーゲン摂取しないとね。

鍋の下のほうにはセロリやら玉ねぎ、じゃがいもやらの野菜もたっぷり入ってますよ。

気になる辛さはというと、辛いの大好きなわたし的にはちょうどいいかな。だんなはこれ以上辛かったら無理な限界ギリギリレベルと言っていました。ま、仏人だんながなんだかんだ言って食べれるのでよっぽど辛いのが苦手でなければ大丈夫かと。

結局二人では完食できず、もったいないのでお持ち帰り。結構持ち帰りしてるお客さんいました。
ちなみに持ち帰りにすると、会計時に自動的にパック1つにつき30ソンチムが加算されます。

このお店の近所にはほかにも四川料理らしきお店が2件もありました。辛いもの、流行ってるのか?!

次回はお店のスペシャリテという唐辛子たっぷりソースのかかった魚を食べてみたいなあ。



*Saveur du Sichuan (川江号子) *
54 Rue du Faubourg Montmartre
75009 Paris
月休み



[PR]
# by bettyko1 | 2017-09-12 17:24 | おそとごはん | Comments(0)
ディジョン(Dijon)観光 おまけの動物編
仕事先で出会ったにゃんこ

真っ黒くろ
f0242532_07332594.jpg
と、

フランス語でラゴンダン(Ragondin)という動物。
日本語だとヌートリアといって南米産の水狸なんだとか。カピバラに似ているけど違うらしい。
f0242532_07345278.jpg
f0242532_07380703.jpg
動物を見ると癒されます



[PR]
# by bettyko1 | 2017-09-11 07:41 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
ディジョン(Dijon) ごはん編その2
翌朝、お昼用のサンドイッチを買おうとパン屋を探して街中をウロウロ。

前夜にああ、ここにパン屋あるなあくらいの目安はつけておいたのですが正確な位置を頭に入れるの忘れてました・汗。で、時間がなかった&たとえパン屋が見つかっても早朝ではまだお昼用のサンドイッチはできてない可能性が高いと思い、焦って120パーセント妥協して通りがかったスーパーで適当なものを買ってしまったのですが、その後ホテルに戻ろうとほんの少し歩いたらなんとパン屋発見。しかも外見からして当たりな予感。

そして迷わず入ったら、絶対当たりと120パーセン確信。美味しそうな焼きたてパンがズラリ。

ああもう、なんでスーパーなんかで妥協してしまったんだああ〜!と自己嫌悪の嵐。

でも買いました・苦笑。ただたくさん買っても食べきれないのでほんの少しだけね。

まずはこちら、朝ごはん用に買ったパン・オ・ショコラとパン・オ・レザン
f0242532_19270637.jpg
えーっと、潰れてます・苦笑。移動中につぶれちゃいました・・・汗
パン・オ・ショコラは美味しかったけど、ここのパン・オ・レザンは生地がパンっぽくてまあまあでした。わたしはパイっぽいほうが好み。

そしてこちらがランチ用のサンドイッチ
Copa Cabannaという名前がついていて、Coppa(コッパ)という生ハム入り。
f0242532_19270805.jpg
もうこれがねえ、おいしかったのなんのって。バゲットは当然おいしいのですが、挟んである色んな具材が絶妙なハーモニーになっていておいしいのなんの。久しぶりにおいしいなと思えるサンドイッチを食べましたよ。

それにしてもこのパン屋さん、どれもこれも美味しそうでもっと色々買いたかったのですが、さすがに状況がそれを許さず泣く泣く断念。次回またディジョンに来ることがあったらまた来ようと思ったのでした。

と思ったら、どうやらパリにも出店しているようで。しかも住所を見るとなんとモントルグイユ通りの老舗パティスリーStoher(ストレー)の隣?!今度確認もかねて行ってみよう。

あ、店内でも食べれますよ〜。

*TARTIN'ART*
8 Rue Musette
21000 Dijon
月休み

追伸:
早速、近くまで行ったついでにここのパリ支店へ行ってみました。まさにStoher(ストレー)のお隣でしたよ。今まで全然気づかなかった。でもね、それもそのはず?!本店に比べて品数が圧倒的に少なく、雰囲気もちょっと残念な感じだったのでした。
でも数種類の穀物入りパンとドライフルーツパンはなかなかおいしかった。
f0242532_23481235.jpg



[PR]
# by bettyko1 | 2017-09-10 23:55 | 旅(フランス) | Comments(0)



パリ雑記 フランス人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1