<   2017年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
手作り紫芋の茶巾絞り
フランス産の紫芋が売っていたので買ってみた。

買ったからには使わないとと思い、芋ようかん的なものを作ってみることに。
仕上がりの味のイメージは私の好きな舟和のいもようかん笑 あ、舟和のは紫色じゃないですけど。

素材の味を生かしたかったので、茹でた紫芋にさとうきびの砂糖(Sucre de Canne)とゲランドの塩を少々加えたのみ。

これを作るにあたってほんと数年ぶりにこの調理器具を引っ張り出してきましたよ。

なあんだ?
f0242532_22253288.jpg
正解はじゃがいも用の漉し器なり。

だんなの大好きなHachis Parmentierを作る用にと10年以上も前のまだ新婚ホヤホヤの頃に義理ママにリクエストとして買ってもらったんですけどね、もうかれこれ何年作ってないだろう。。。愛なんてそんなもん?!爆

おっと話が逸れそうになったので元に戻して、と。

はい、出来上がり!
f0242532_22253427.jpg
お皿はね、夏に日本に帰ったときに一目見て気に入って購入したもの。
ちょっと青磁っぽい感じ。

好みでバターを混ぜ込んでもおいしいけれど、重たくなるのは必須・汗

ああ、たくさんできちゃった。食べきれない。。。これ、何かを作ると常につきまとう2人暮らしの問題。

そうだ、冷凍して次回のお茶の稽古のお菓子として持っていこう。





[PR]
by bettyko1 | 2017-09-30 22:35 | パン&お菓子 | Comments(0)
手作りマドレーヌ!
ひさーしぶりにマドレーヌ焼きました〜。

昨年から通い始めた学校の勉強がいい加減追いつかなくなったので、迷いに迷って1年半働いた職場を辞めることに。
で、お世話になった方達へのほんの気持ちとしてマドレーヌ。
あ、でもっ、自分の手作りお菓子を本命にしては申し訳ないのでプロが作ったお菓子も用意しましたよ・汗。

私好みで塩粒入りバターを使用
バニラビーンズとラム酒たっぷり
f0242532_23250955.jpg
生地を焼く前に冷蔵庫で寝かせてあげたので、おへそがちゃんとでた。ホッ

今回はお菓子教室で習ったレシピを使用。義理ママ伝授のレシピのほうが断然手間が少なくていいのですけどね、それだと粉のパサパサ感が結構でちゃうんです。ま、それはそれで家庭の味って感じで素朴でいいのですけど、人様に食べてもらうときはプロの方のレシピのほうがいいかな。

牛乳が入っているので舌触りが滑らか。砂糖の他にはちみつも入れているので優しい甘さになるんです。ただはちみつ入れると焦げやすくなるのが難点なんですけどね〜。

さあ、これから最後の仕事へ。
そして今後は、勉強勉強また勉強の日が続く〜涙 もう脳みそ容量オーバー・・・

でもブログ書く時間はあるんだ?!ってツッコミはなしでお願いいたします・苦笑



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-30 00:01 | パン&お菓子 | Comments(2)
パン屋@「Boris」(ボリス)
モンマルトルにある日仏経営のパン屋さん「Boris」(ボリス)のお菓子をお裾分けにいただきました。

抹茶シュークリーム
f0242532_07211638.jpg
このお店、昔の面影を残す店構えと内装が好き。
先日前を通ったらイートインスペースができていました。

以前行ったときにトラディションだったかバゲットだったかを買ったのですが、ちょうど焼きたてホカホカでおいしかった記憶が。

このシュークリームは外がサクサク、クリームはほんの少し苦味のある抹茶味でおいしくいただきました。
でもクリームが水みたいにサラッとしすぎだったのよね。この日は結構暑かったから移動中に溶けちゃったなのかなあ。

*Boris (ボリス)*
48 Rue Caulaincourt
75018 Paris



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-29 07:31 | パン&お菓子 | Comments(0)
インドネシア料理@インドネシアン・フェスティバル
土日に在パリ・インドネシア大使館主催のフェスティバルがあると聞きつけ、だんなと在パリのインドネシア人友達と一緒に行ってきました。

遅く行くと食べ物が売り切れてしまうと聞いたのでお昼過ぎに到着。といってもこのフェスティバル、12時〜とけっこう遅いスタートなんですけどね笑。

着いたらちょうどバリダンスをやっている最中でした。写真撮り忘れた・・・汗
久しぶりに生で耳にしたガムランの音が耳に心地いいわあ。

インドネシアの踊りというとバリのレゴンダンスやケチャッが有名だけれど、実は個人的にはジャワの踊りが好き。スピード感のあるバリのに比べてゆーったりな感じなのでちょっと人によってはかったるい感があるかもしれないんですけどね・苦笑

さて、ここにきた私の最大目的はインドネシア料理。
花よりダンゴ。

ナシチャンプル
大好きなルンダン(牛肉のココナツ煮)とインドネシアではお祝いの特に作るナシクニン(黄色いごはん)も!
f0242532_06423864.jpg
こちらもナシチャンプルだけどバリ風ですって
f0242532_06423921.jpg
フランスではなかなかお目にかかれないビンタンビールもね!
f0242532_06423225.jpg
どれこれも美味しかった。
毎日食べても飽きないわ。

1つ無念だったのは、インドネシア人の間でおいしいと評判のIbu(フランスではマダムの意味です)が作るランチボックスが売り切れで買えなかったこと。一緒に行ったインドネシア人の友達によれば、イベントとかパーティーで頼まれたりした時だけ作っている方なんだそう。ああ、先に知ってたら早いうちに買ってたのに〜!このフェスティバル、毎年恒例のようなので来年リベンジしよっと。

ジャカルタの「NUSA」(ヌサ)というレストランのシェフによる実演もありました。レシピ&試食付き。
このシェフ、ヒルトンホテルの元シェフで、フランスのTV番組TOP CHEFのインドネシア版のような番組で優勝した方らしい。英語が堪能でサンパな方でした。
f0242532_06423456.jpg
f0242532_06423603.jpg
インドネシアは私にとって人生で一番最初に行った他所の国、その後思いっきりハマって語学留学で1か月過ごした国、学位論文のテーマにした国。
最後にインドネシアへ行ったのはもう7年前・・・ああ、また行きたい・・・。
でもね、今の私には他にも行ってみたい国がまだまだたくさんあるのよね〜苦笑。フランスからだとインドネシアは遠いし。次行けるのはいつかなあ。。。遠い目・・・

翌日のお昼も余分に買っておいたインドネシア料理を堪能したのでした。満足満足。



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-28 05:41 | おそとごはん | Comments(0)
ケーキ屋さん@「カール・マルレッティ」(Carl Marletti)
土曜日の散歩の時に寄ったケーキ屋さん「カール・マルレッティ」(Carl Marletti) 。お店はムフタール通りのすぐ近く。

グラン・ホテル・インターコンチと併設レストラン、カフェ・ドゥ・ラ・ペ(Café de la Paix)の元パティスリーシェフ・カール・マルレッティ氏が開いたお店ですよ。
f0242532_06043343.jpg
このお店のスペシャリテはなんといってもミルフィーユ。

が、しかーし!

すでに売れ切れだった・・・がーん。

仕方がないのでその他のおすすめは何か店員さんに聞いたらタルト・オ・シトロンという答えが返ってきた。が、実はわたくしタルト・オ・シトロン自体があまり好きではないのです。

というわけで、個人的な好みで惹かれたモンブランとシャンティイ・ヌガティンをチョイス。

お家に帰って、さあ、写真を撮って食べよーと箱を開けたら、なんとー!ケーキがひっくり返ってちょっと、いやかなり崩れてた。。。

ガッカリ。。。というわけで写真ありません。気になる方はお店のサイト(ココから飛びます)を見てくださいね。

形は崩れていたけど味まで崩れてはいませんでしたよ。

モンブランは滑らかなで濃厚。シャンティイ・ヌガティンは生クリームが優しいミルクの味がして、パリパリのヌガティンとサクっとしたシューとの組み合わせが絶妙なおいしさでした。個人的にはシャンティイ・ヌガティンのほうが好み。

ミルフィーユを買いにまた行かねば!


*カール・マルレッティ*
51 Rue Censier
75005 Paris

[PR]
by bettyko1 | 2017-09-27 06:26 | パン&お菓子 | Comments(0)
ツイストドーナツ@「メゾン・モランジュ」(Maison Morange)
ムフタール通りのパン屋で揚げドーナツ発見。
f0242532_07572928.jpg
食べてみたら予想どおり日本のツイストドーナツ。ふふ。
今回の里帰りで食べようと思っていたのだけれど、胃腸炎に罹ったせいで食べれなかったのでうれしい。

だんなはシシ(Chichi)と呼んでました。
さらっと調べてみたら、これは南仏出身のお菓子。元祖はひよこ豆の粉で作っていたんだそう。ひよこ豆はフランス語でPois chiche。プロヴァンス地方では揚げたひよこ豆の小片のことをchichiと言ったそうで、これがChichiの名前の由来になっているのだとか。

f0242532_07101552.jpg

次回はこれにきな粉まぶしてみよっかな。昔食べた学校給食のきな粉揚げパンっぽくなってきっとおいしいはず。

ちなみにここのクロワッサンはちゃんとバターの香りと味はするものの、私的にはふつうかな。



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-26 08:19 | パン&お菓子 | Comments(0)
パリ散歩@カルティラタン〜モンジュ通り〜中華街
この週末はとってもいい天気でした。

朝は少し肌寒かったけれど、午後は暑くて着ていたコートを脱いだくらい。

というわけで、学校の土曜課外授業終了後、だんなと待ち合わせしてランチ&散歩

一仕事?終えてお腹がペコペコだったのでお気に入りのアメリカンダイナー式レストラン「BIA (Breakfast In America)」でがっつりベーコンチーズハンバーガー!
付け合せはコールスロー。だんなはもちろんフライドポテト。

f0242532_18180282.jpg
喉も渇いていたのでハンバーガーにはコカコーラでしょう、と思っていたら、誰かが注文したバドワイザーがカウンターに置かれたのをみてあっさり誘惑に負けました笑

食後は腹ごなしの散歩。モンジュ通りをてくてく。

このレストランの近くにはなんとパリがリュテスと呼ばれていたガロ=ローマン時代のアリーナ円形競技場があるんですよ。
ヴィクトル・ユーゴーらの保存運動のおかげでこうして今でも残っていて、現在は公園として市民に開放されています。
f0242532_18255342.jpg

再びモンジュ通りをてくてく。

すると2年前にバカンスで行ったレユニオン島の食材専門店が!
中を覗いたら欲しかった食材発見。ラッキー!
f0242532_18231740.jpg
てくてく。

パリのモスケの近くをとおり、ムフタール通りへ。

メゾン・モランジュ(Maison Morange)でパン買って、カール=マルレッティ(Carl Marletti)でケーキ買って、最後は疲れてカフェで休憩。
f0242532_06361806.jpg
その後はリュクサンブール公園まで歩いてバスで帰る予定だったのだけれど、いっそのこと中華街まで行こうということになり、普段全く通ることのないゴブラン通りをてくてく。

そしたらなんと!道路が通行止めになっていて物々しい雰囲気。警察もわらわらいる。
なんだなんだと様子を伺うと、どうやら道路上で不審車が見つかり、爆弾探知ロボットが爆弾チェック作業をしているところでした。
その後ニュースにならなかったところを見ると結局問題なかったようですが、その時は巻き込まれないようにそそくさとその場を立ち去りましたよ。ちょっとドキドキしました汗

写真右奥の小さく写っている黒い車がその不審車
f0242532_07202084.jpg
またまたてくてく。
ハンバーガー食べてお腹いっぱいだったので、台湾のバブルティーもベトナムのフォーも断念。また次回。
中華スーパーでほんの少しお買い物して家路に着いたのでした。

疲れたけど楽しかった。
パリの街はやっぱり歩くに限る。



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-25 07:38 | パリガイド | Comments(0)
クロワッサン@「Alexine」
パン屋激戦区・モンマルトル界隈にある「Alexine」のクロワッサンがおいしいというのを聞いて買ってみました。
f0242532_17174726.jpg
ここのパン屋さん、おいしいのは知っていたのですが、実はクロワッサン系はまだ食べたことがなかったんです。

見かけは表面の色が薄く、私好みのきつね色感がないのでいまいち食指が動かなかったのかなあ。

それにしても大きいでしょ。
これで1ユーロ。良心的。
f0242532_17174568.jpg
そんなわけで半信半疑で食べてみたら。。

おいしいっ!

口の中でバターの香りがブワッときます。評価に厳しいだんなもおいしいって。

見かけで判断した私が悪うございました。
経験上、クロワッサンに関する私の見かけによる判断は結構な確率で外れるんですよ。
ほんと食べてみないとアテにならない・汗


*Alexine*
40, rue Lepic
75018 Paris



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-24 17:30 | パン&お菓子 | Comments(0)
フルーツタルト@「レ・プティ・ミトロン」(Les Petites Mitrons)
モンマルトルのアメリのカフェのすぐ近くでおいしくて手頃な値段のタルト屋さん発見。ふふ。

しょっちゅう前を通っていたのに全然今まで気づかなかった。いや、目には入っていたけど止まっていなかっただけなのか?!はたまた次回行こうと思ったまま記憶から消えてしまっていたのか。
いずれにせよこの界隈、とにかくいろんな食べ物屋さんががぎっしり立ち並んでいるからなあ。


そんなお店の外観はこんな感じ
f0242532_22393984.jpg

ね?なんだかあんまりタルト屋さんってわからない外観じゃありません?

でもね、ショーウィンドウを覗くと、いろんなフルーツのタルトがホールでずらりと飾ってあるのです。

f0242532_22393710.jpg

今回はミラベル&アプリコット&赤いフルーツの組み合わせのタルト
とルバーブのタルトを一切れずつ
表面がツヤツヤしてておいしそう〜!
f0242532_22433081.jpg
包装だって大袈裟な箱じゃなくって昔ながらに紙で包んだだけ
エコでいいわー
f0242532_22452966.jpg
で、お味は?

はい、タルト生地は私の好きなうすーいタイプ。周囲もパリっとしてて私好み。
中のフルーツもたっぷり甘酸っぱくて、おいしい〜!
ルバーブのほうは独特の苦味が少しでてしまっていたのがちょっと残念だったかな。

一切れが結構大きいんですけど、クレームアングレーズは入っていないので→ルバーブのほうは少し入ってました甘ったるくなくぺろっとイケちゃいます。
昔ながらの地元のお店のタルトって感じで私はすっかり気に入ってしまったのでした。

ここ、タルト以外にいろんな種類のキッシュも売ってましたよ。

*レ・プティ・ミトロン(Les Petites Mitrons)*
26, rue Lepic
75018 Paris
水休み



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-22 23:09 | パン&お菓子 | Comments(0)
猫のきもち?!

まぶちいっ!
電気消して!
f0242532_07145068.jpg

[PR]
by bettyko1 | 2017-09-22 07:16 | にゃんこ | Comments(0)



パリ雑記 フランス人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1