カテゴリ:旅(フランス国外)( 41 )
ディジョン(Dijon)観光 おまけの動物編
仕事先で出会ったにゃんこ

真っ黒くろ
f0242532_07332594.jpg
と、

フランス語でラゴンダン(Ragondin)という動物。
日本語だとヌートリアといって南米産の水狸なんだとか。カピバラに似ているけど違うらしい。
f0242532_07345278.jpg
f0242532_07380703.jpg
動物を見ると癒されます



[PR]
by bettyko1 | 2017-09-11 07:41 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その⑨最終回
ふう、やっと最終回。

6日目、予定では最終日の朝、早々にネットで帰国便の予約変更に再挑戦。
見事私と同じ便がとれました!パチパチパチ。かろうじて香港にもう一泊しないで済みました。

この日は朝からザアザアの大雨+強風。台風接近により、注意報レベル8が発動。ちなみに香港ではレベル8ともなると商店や会社は休んでいいことになっています。

そんなわけで通常は賑やかなホテル前の道に並ぶ店のシャッターほぼ全て閉まり、通行人もほとんどなし。

予定ではこの日の午前中を使って気になっていたお茶屋さんに行きたかったのだけれど当然お店は閉まっていて買えず。とほ。そんなこともあってここにきてマカオで見つけたお茶屋で買っておけばよかったと後悔した次第なのでした。
ちなみに前日行った「新星茶荘」は店員の感じがめちゃくちゃ悪く(ものすごい上から目線)、何も買わずに帰ったのでした。どうやらお茶に詳しくない素人は相手にしたくないらしい。ちょっと高飛車なフランスのワインショップみたい・苦笑。お茶のソムリエ、ワインのソムリエ。ふむ、どちらも似たような感じよね。

もとい。

こうなるともう観光どころではないので、チェックアウトをした後MTRで中環→香港駅まで。
なんとバスもトラムもタクシーもぜーんぶ動いてなかったんですよ。
あまりの強風に看板とか飛んでくるんじゃないかってかなりドキドキ気をつけながら歩きましたよ。


普段は交通量の多い道もさすがにガッラガラ。これはこれで滅多に見れない光景ですね
f0242532_08112282.jpg
さて、変更した便は真夜中過ぎの便。それまで時間を潰さねばなりません。しかし外は大雨強風で一歩も出れず。

仕方がないので香港駅から直結しているIFCモールで時間を潰すことに。
荷物は有料荷物預かり所へ。場所は香港駅の上、IFCモールのエスカレーターの近く、B2出口のすぐ横です。


といってもこんな状態なので、モール内のほとんどの店は閉店状態。かろうじてカフェ&レストランと映画館はオープン。

というわけで?!スタバで時間を潰した後、腹ごなしにモール内の「正斗粥麺専家」という海老ワンタン麺の食べれるお店でランチ。


海老ワンタン麺
f0242532_08320032.jpg
街中のお店よりも値段設定が高めだった気もしますが、最後に念願?!の豚足や豚まんも食べれて満足満足。
f0242532_08165397.jpg
その後は映画の開演時間まで別のスタバで2度目の休憩。

映画が見終わった19時過ぎ、ようやく風は止み、雨もほとんど止んでいました。そしてなんと驚くことに、閉まっていたモール内の店がぽつぽつ開いている!こんな時間から店開けるんだ?!すごい商売魂。

いい加減モール内で時間を潰すことに飽き飽きしていたので、こんな感じならもしかしたら外に出れるかも?!と、ここにきて思い切ってモールを出ることに。

トラムが動き始めていました
f0242532_08324707.jpg
開いているレストランを探しながらセントラルをぶらぶら。
f0242532_08323846.jpg

f0242532_08323414.jpg
ああ、このお店で麺食べたかった。。。
f0242532_08324350.jpg
ここの屋台も昼間通ったときすごい行列ができてて気にっていたのだけど
やっぱり閉まってるね
f0242532_08362850.jpg
当然こんな日なので選択肢はあまりなく、結局数日前に飲茶をした「蓮香楼」で夕食を摂ることに。飲茶は昼のみなので、ふつうに中華メニュー

可もなく不可もなく
でもサービスのおじちゃんがすんごく愛想よくて気持ちよく食事ができました
f0242532_08410793.jpg
f0242532_08411035.jpg
サービスなのかなんなのか、最後にデザートを出してくれました。
英語が通じないのでよくわかんなかった・苦笑

卵の入ったあま〜いデザート
f0242532_08423342.jpg

こうして香港最後の夜は過ぎ
f0242532_08465166.jpg
無事日本へ帰国したのでした。

初香港旅、食べれなかったものがいっぱい。もっとたくさん入る胃袋が欲しかった・笑

そして今回の旅の教訓:もうバニラエアは使わない・爆

次回からまたフランス関連記事に戻りますっ!





[PR]
by bettyko1 | 2017-02-02 09:09 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その⑧
5日目後半。

Mido Caféで休憩したあとは、日本の河童橋にあたる調理道具街へ。1、2件軒先を覗いてみたけれど個人的にはいまいちで全く購買意欲も沸かなかったので、写真も撮らずにささっと終了〜。

地元の野菜のマーケット
f0242532_07372268.jpg
f0242532_07372090.jpg
f0242532_07371824.jpg
その後金魚街へ。
f0242532_07154909.jpg
こんな小さな袋に何匹も入れちゃって窒息しないんだろうか。。。
動物ならぬ魚虐待に感じてしまったのは私だけか?!なんだか見ていてかわいそうになってしまった。
f0242532_07154494.jpg
こちらは女人街。賑やかになるのは夜暗くなってかららしいけれど。
どこも似たようなものを売っていて、ここも特に興味を惹かれるものは一切なく、さっさと通りすぎただけ。
f0242532_07154140.jpg
f0242532_07154699.jpg

予想通り?!どの市場も個人的には大して面白くなかったけれど、ま、どんな感じなのか実際に見れたってことでよしとしよう。

バスでフェリー乗り場まで
f0242532_07372563.jpg
日本の「そごう」
f0242532_06425051.jpg
夜は香港在住の日本人友達の旦那様と夕食の予定だったので、暗くなる前にフェリーで香港島側へ。
ブルース・リーの像があるというアヴェニュー・オブ・スターは現在工事のため閉鎖中で行けず。
f0242532_06424489.jpg
フェリー乗り場に確かガイドブックに載ってたエッグタルトの売店があったので買ってみた
f0242532_06424930.jpg
ら、全然美味しくなかった。ま、あんまり見た目も美味しそうじゃないけどね。なんか冷凍っぽいのよね。一口食べて終了。美味しくないものでカロリーを摂取&お腹いっぱいになることほど腹立つことはない。


さて、香港島へ無事戻ったものの、コーズウェイベイ・フェリー乗り場からどの手段でホテルへ戻るかで旦那と大喧嘩し、街中で決裂して別行動。

1人でコーズウェイベイの街をふらふら。まずは行きたかったマッサージの店へ予約をしに行くも希望の時間帯が空いておらず断念、食べたかった亀ゼリーの共和堂の前を通るも今ここでこれを食べたら夕食がおいしく食べられなくなると思い断念、最後は気になっていたお店を覗いて(迷った挙句結局何も買わず)ふて腐れた顔でホテルに戻ったら、、、、

すでに機嫌を直している様子の旦那が「大変だあ!バニラエアから翌日の帰国便がキャンセルになったという知らせが入っているよ!」と。
なにいい〜!
なんでもかなり大型の台風が近づいているため早々に欠航を決定したんだとか。そんなわけでネットで次便に予約変更をトライしたら、私の分はとれたけどなんと旦那の分が満席のためとれず!ひええ〜!
そうこうしているうちに夕食の約束の時間になってしまったため、待ち合わせ場所のホテルロビーで友人旦那Kさんに会い、事情を説明して携帯電話を借りバニラエアに電話をするが、腹がたつほど電話相手が全くの役立たず。こういう時格安航空っていうのはダメですね。っていうかだから安いのだろうけど。
とりあえず翌朝になれば空席が出る可能性はあるということだったので、私の席は確保したまま旦那の分は翌日まで待つことに。

こうして約束の時間から1時間以上経った後、やっとこさ夕食にありつくことができました。

この日のご飯は広東語を話せない初心者には難しいと友人に言われた火鍋!
高級店と地元密着の手頃な店のどちらがいいか聞かれたのでもちろん後者で。

2種類のスープ!
いくつか味があって選べます。何選んだかは忘れた・汗
Kさんが辛いのが苦手ってことで辛いスープは選ばなかった気がするけど。
f0242532_06424738.jpg
地元の学生さんらしきグループが大盛り上がりで楽しそうでした。
広い店内は地元の人でいっぱいでした。
f0242532_06424274.jpg
実は火鍋を食べるのは人生で初めてだったので、なかなか楽しめました。満足満足。
でもここのレストランでもほんとさっぱり英語が通じませんでしたよ。

それにしても、、、このKさん、実はこの日が初対面・爆 しかも肝心の友人は日本へ里帰り中(彼女には日本で会った)・苦笑 だったので、単独で夕食に連れて行ってくれたのでした。しかも沖縄旅行から帰ってきた翌日に。。。私たちが香港へ到着する前に事前に手持ちの香港ガイドブックをホテルまで届けてくれたり、ほんっとにお世話になってしまいました。恐縮なり。。。。。

帰国便欠航のせいで私たち夫婦の険悪な雰囲気は一気に吹き飛ばされ、いいんだか悪いんだかよくわからない香港最後の夜だったのでした。

その⑨最終回につづく



[PR]
by bettyko1 | 2017-02-02 07:47 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その⑦
香港5日目。香港で丸1日過ごせる最後の日。

午前中は香港公園内にある茶具文物館へ

その前に、、

HSBC本店の対(つい)のライオン。二人の創業者を表現した像

f0242532_06222957.jpg
f0242532_06222652.jpg
香港で現存する最古の教会、セント・ジョンズ大聖堂
f0242532_06310656.jpg
f0242532_06311241.jpg

そしてやっと香港公園。
園内の文物館周辺にはたくさんのフランス語を喋る子供達が!たぶんフランス人学校に通う子供達が課外授業で来ていた感じ。
f0242532_06310974.jpg
茶具文物館に展示されていた茶具は予想以上に素敵なものがたくさんありました。
以前お茶の先生が茶道具はいいものをたくさん見て目を養うことが大事とおっしゃっていたのですが、本当にいいものはやっぱり何かが違うんです。全それはおととしだったか京都の楽美術館に行った時にすごく感じたのですが、ここでも同じようなことを感じたのでした。

午後は再び九龍側へ。

MTR佐敦駅からすぐ近くの海老ワンタンや豚足が有名なお店へ。
全て自家製麺なんですって。おいしかった〜。たくさんに人が食べてておいしそうだった豚足は量が多くて食べ切れそうになかったので断念。
f0242532_06390040.jpg
f0242532_06484292.jpg
その後は街散策
f0242532_06501216.jpg
香港名物、竹組みの工事現場
すごい!
でも鉄筋より竹のほうが軽くてしなるからある意味安全なんじゃないかなって思ったりする
f0242532_06501435.jpg
鳶のお兄ちゃんたち
f0242532_06520475.jpg
この先は夜は男人街になるんだそう
f0242532_06512647.jpg
またまた漢方茶のお店
ああ、亀ゼリー食べたい
でもお腹いっぱい・涙
もういくつ胃袋あっても足りませぬ。
f0242532_06540260.jpg

天后古廟(ティンハウテンプル)
航海や漁業の守護神として信仰を集める媽祖や土地の神を祀る、九龍サイドでは最大規模の廟なんだそう
f0242532_06512817.jpg
f0242532_07005544.jpg
このお寺前の公園のテーブル板
ゲーム版?
f0242532_07005832.jpg
レトロなカフェ・美都餐室(Mido Cafe)で休憩
私が大好きだった(廃刊)新潮社の旅雑誌「旅」で紹介されていて行きたいと思っていた場所
食事はいまいちな感じだったので、お茶のみでいいかも
ただスペースが少ないのか、店内の至るところに飲み物のダンボールが山積みになっているのは残念だったけれど、
それに目を瞑れば個人的には好みなカフェでした
f0242532_06513164.jpg
f0242532_07071540.jpg
その⑧につづく


[PR]
by bettyko1 | 2017-02-01 07:16 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その⑥
香港4日目、朝からザアザアの雨。

こんな雨じゃあ遠出する気も起きず、全然お土産も買っていなかったので、ホテルの近辺にあるお茶屋さんでお茶を買ったり、地元のスーパーへ行ったり。

その後は少し早めに妹のみチェックアウトし空港へ。
海外旅行慣れしていない妹のために、私とだんなで中環(セントラル)から出ている空港行きエクスプレスまで見送り。
f0242532_09375704.jpg
その後、雨にもめげず、私とだんなは地下鉄に乗って九龍側観光へ。

まずは腹ごなしにフェリーターミナルからメトロに乗って在香港友人おすすめの飲茶のお店「倫敦」へ。
店内は超巨大でびっくり。
ここもワゴン式だけれど、写真付きメニューがあるので注文しやすい。ここのワゴンのおばちゃん達も親切でした。
f0242532_09453986.jpg
看板には日本語表記もあり、いかにも観光客向けのお店という感じがしたのですが、味はなかなか美味しく、食べたいものが食べれて満足。

その後はメトロに乗って香港の人々に厚く信仰されているという道教のお寺「黄大仙」へ。
私は本堂前に提げられたたくさんの提灯がとても綺麗と書いてあるのを見て行ってみたのですが、後からチェックしたところによれば、ここは占いが有名で、願いことが叶うことでも知られてい人気があるお寺なんだそうです。
f0242532_10011488.jpg
ところが!

着いてみたら大雨のためお目当ての提灯は全て撤去されているどころか、お寺自体今にも閉門しそうな様子。
f0242532_10011488.jpg
十二支の像
f0242532_10151420.jpg

傘、持ってないでさそうよ・笑
f0242532_10002237.jpg
わかりますか?この土砂降り感
本来ならこの本堂の前に提灯がたくさん提げられているはずなのですが。。。
f0242532_10004944.jpg
f0242532_10004636.jpg
予想以上に素敵なお寺でゆっくり見てまわりたかったけれど、あまりの雨脚の強さ故、早々に退散することに。

お寺を後にし、最寄り駅に隣接しているショッピングモールへ避難。ここでお茶でもと思ったたら、まともなカフェが全くなく。。。というわけでここも早々に退散。

すでに夕方、天気も天気だったのでこの日の九龍側観光はここでおしまい。

地下鉄で香港島側へ。

HSBC!
f0242532_10273653.jpg
この日の夕食はローカル飯の土鍋ごはんを食べに香港大学のあるほうのエリアへトラムで移動。
主に冬の一品らしいので、1年中食べさせてもらえる専門店へ。
この頃には雨はすでに止んでいました。
f0242532_10334516.jpg

店内は若い人たちでほぼ満席
最後の2席に案内してもらえました。よかった、待たずに済んで。
f0242532_10342376.jpg
ビールはBLUE GIRL
軽いです
f0242532_10342174.jpg
そして!念願の!
おこげがまたおいしい!
f0242532_10332134.jpg
野菜もね
f0242532_10340129.jpg

満腹、大満足の味だった。値段もかわいい。
やっぱり地元の人に人気のローカル飯はいいね!

行きに見かけた漢方茶の店。
帰りもまだ開いていたので食べ過ぎに効くお茶を一杯もらあって立ち飲み。
亀ゼリーはお腹に余裕がなくまたも断念。
f0242532_10273139.jpg

中国麻雀をやってる人達発見!
そおっと盗み撮り
中国の牌って日本のそれに比べるとかなり大きいのね
f0242532_10273967.jpg
帰りのトラムから撮影
この辺りはセントラル
f0242532_10272806.jpg
f0242532_10273352.jpg
その⑦5日目につづく


[PR]
by bettyko1 | 2017-02-01 06:14 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その⑤
引き続き街散策

オランダ統治時代の街並みエリアから一歩道を横に逸れると、とっても中国的でカオスな街並みが。これもマカオの一面。ここにはマカオ市民のふつうの暮らしが。
マカオといえばカジノくらいの知識しかなかった私としては、友人がマカオに留学していたというのを聞いた時、マカオって一体どんなところに住んでどんな生活を送っていたのか全く想像がつかなかったのですが、実際この目で見てなるほど、と。

f0242532_09205668.jpg
f0242532_09075031.jpg
完全に見捨てられて今はお化け屋敷みたいだけれど、昔はきっと素敵な建物だったんだろうなあ。
ああ、もったいない。
f0242532_07063895.jpg
老舗のお茶屋さん。レトロチックで素敵。
f0242532_09231296.jpg

ああ、ここで茶葉買っておけばよかったと後悔。この後の展開をまだ知る由もなかった私はお茶なら香港で買えるからいいや、なんて思ってしまったのですよね。。。

もと売春宿街。ちょっと吉原みたいな感じなのかしら。
当時は2階の窓から顔を出して客引きしてたのね、きっと。
f0242532_08492815.jpg
現在はレストランをはじめ色々な店舗が入っています。
古いものが容赦なく壊され、新しいものが建てられている世の中、こういう風に街並み保存がされているのは素晴らしいことだと思います。

最後はまたバスに乗って 媽閣廟(A-Ma Temple)  へ。
マカオで一番古く、島名マカオの由来にもなっているお寺なんだそう。
f0242532_09142707.jpg
f0242532_09155378.jpg
川の向こうは中国本土
f0242532_09172482.jpg
夕食をマカオで食べるかどうか迷って探してはみたけれど、どこも観光客向けのイマイチなレストランしか目に入らなかったので諦め、バスに乗ってフェリーターミナルへ。

バスのルートがちょうどカジノのあるエリアを通り、思いがけず派手なイルミネーションを楽しむことができました。
f0242532_09104700.jpg

ターミナルからのイルミネーション
f0242532_09101855.jpg
f0242532_09101521.jpg

天気が良ければもっと色々見れたはずなのだけれど、それなりに満喫できたのでよしとしよう。
ただフランシスコ・サビエルの上での骨が安置されているというサン・ジョセ聖堂院を見逃したのは悔しかった。帰ってきてから知りました。やっぱりある程度下調べって大事ね・苦笑


夕食はコーズウェイベイエリアにある在香港友人のおすすめのレストランへ。

店内は地元の人でいっぱい。日本語メニューがあったので、きっと駐在の人とかがよく訪れるお店なんだろうな。
マテ貝がすごくおいしかった!
ビールに合わせて唐揚げが食べたくてレモンチキンを頼んだら、甘酸っぱいレモンソースがかかっていた。このソースないほうが絶対おいしい。
f0242532_09045091.jpg
ちょっと高めだけれど、それなりにおいしい中華料理を楽しめました。


ただ最後の最後、ちょっとしたことで妹と意見が食い違い、二人ともいい歳して大喧嘩に発展。。。あとから考えるとほんとくだらないことなんですけどね。お互い引かず、重苦しい夜となってしまったのでした。とほ。

明日は妹にとっては香港最終日。

その⑥につづく



[PR]
by bettyko1 | 2017-01-30 09:33 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その④
3日目はマカオへ!

生憎の天気でフェリーが出るのかちょっと不安でしたが、特に問題なく日帰り観光できました。

マカオ側下船時に撮影
f0242532_23564723.jpg
香港島からの場合、上環フェリー乗り場から。
コーズウェイベイエリアのホテルからは、トラムで上環駅へ

フェリー乗り場窓口で当日券を購入、その後入国審査を受けた後フェリーに乗り込みます。結構頻繁に出ているので出発時間はあまり気にせず。
ちなみにマカオへは北部の世界遺産があるほうのエリア方面行きと南部のリゾートエリア方面行きの2つがあるので行き先を間違えないように気をつけないとです。

それからマカオへ行くにはパスポートが必要ですので忘れずに。入国審査の際にアライバルカード(ぺらぺらの紙1枚)が渡されます。これ、マカオ出国時に必要になるので絶対に失くさないでくださいね。

席は指定。これは切符購入時ではなく、入国審査後フェリーに乗り込む前に決められます。切符に座席ナンバーシールがペタっと貼られるのです。同行者と一緒に切符を提示すれば何も言わなくてもちゃんと隣同士の席を選んでくれます。

約1時間、あっという間にマカオ側に無事到着!

出国審査を終えた到着ロビー(きれいでした)では、プライベートカーでの観光巡りを売り込もうとする人達が獲物を狙うようにいたけれど、情報集めに話をさらっと聞くだけ聞いて適当にあしらい、一般のバスに乗って中心地へ。
ちなみにマカオでも香港ドルが使えるとのことだったのでお金は換金せず。あとから考えたらバス代くらいは換金しておいたほうが便利だったかなと思ったけれど。

着いて早々向かった先は、お目当てのエッグタルト屋さん「Cafe & Nata」。
妹も同僚にこのお店を勧められていたらしい。
f0242532_23565073.jpg
なんとここで大雨に遭う。雨宿りついでにお店のテラス席でエッグタルトを。観光客でいっぱい笑
本場ポルトガルで食べたものほうが美味しかったけど、なかなか美味しかった。香港ドルで購入可。

雨がほとんど止んだところで徒歩で世界遺産にも登録されているマカオ歴史地区へ移動、写真を撮りながらゆっくり観光
どんより曇ってますねえ・涙 小雨が降ったり止んだり

「セナド広場」
私たちはここから観光スタート
f0242532_00031552.jpg
街並みがちょっとディズニーランドちっくであることは否めず、これって建物の色のせいかな。
f0242532_00174581.jpg
私が気に入った「民生総署」横の一角
f0242532_00212749.jpg
f0242532_00213066.jpg
聖ドミニコ教会
f0242532_00213559.jpg

仁慈堂大楼 (Santa Casa da Misericordia)
f0242532_20342073.jpg
オランダ時代の残る街並みですが、ちょっと細道に入るとガラッと様相が変わったりもして。
f0242532_00275205.jpg
f0242532_00343611.jpg
マカオ名物というカレー味のおでん。食べなかったけど。味の想像はできた笑
f0242532_00275544.jpg
私がこのエリアで一番気に入った「Casa LOU KAU(蘆家屋敷)」
所謂元お金持ち商人の中国式伝統家屋。
素敵。
f0242532_00105483.jpg

聖ポール天主堂跡(Ruins of ST. Paul's)
一番の見所らしい。実はマカオ、あまり下調べせずに来たので、妹に「あ、ここ、同僚に絶対行くよう勧められてた所だ!」と言われ、へえ、そうだったんだ?!みたいな・苦笑
f0242532_00335725.jpg
残念ながら現在残っているのは正面ファサードだけ。火災で焼失してしまったそう。

ちなみに天主堂前の階段下はイエズス会記念広場。この広場に着くまでの道の両側はお土産屋さんがひしめいていて、道幅こそ違えどそれはまるでモンサンミッシェルみたい。日本でいうと京都の清水寺へ向かう途中の3年坂みたいな感じでしょうか。おそらく本土から来たであろう中国人観光客がものすごいパワーでお土産を爆買いしておりました・笑 最近は日本での爆買いも下火になってきたようですが、お金を持ってる人はどんどん落として経済を活性化させてほしいものです。

お土産といえば、私もそれこそ海外旅行をし始めた頃は爆買いはしないけれど自分以外の人にもそれなりにお土産を買ったものですが、ある時ふと限られた貴重な時間をお土産買いに費やすほど無駄なことはないと感じ、それを境に必要最低限にとどめるようになりました。

話が少し逸れましたね。もとい。

天主堂跡の正面向かって左横のナーチャ廟は古くて小さいながら、個人的には好みでした。
f0242532_20021386.jpg

天主堂正面向かって右側は「モンテの砦」。上に登るのが面倒だったけど、だんなが行きたがったのでしぶしぶ・苦笑
頂上にはマカオ博物館があります。

登りきったところにある門の入り口にあった小さな茶店。
一見売店風なのだけれど、中を覗くとなかなか可愛いインテリア。
f0242532_20125050.jpg

砦からマカオ市街が見渡せます。
左奥のゴールドの建物はカジノ!
右奥ちいさく見える塔はマカオタワー!
f0242532_20135885.jpg
ここでまたも雨がざあっと降り出し、博物館前で雨宿り。

雨にもめげず、このあとも街散策はつづく

またまた長くなったのでその⑤へ

[PR]
by bettyko1 | 2017-01-23 20:39 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その③

前回からのつづき


遅めのお昼は中環エリアにある昔ながらのワゴン式飲茶が楽しめるという「蓮香楼」( Lin Heung Tea House)へ。

在香港の友人に初めての人には難しいと言われていたけれどここは攻めますよ・笑

f0242532_20353952.jpg

言われるがままに案内された席についた途端お茶の注文がはじまる。烏龍茶でいいか?みたいな感じのことを言われたので(広東語話せなくても知っているお茶の名前くらいならなんとなく聞き取れた)、飲みたかったプーアル茶を注文。


お茶を待っている間、案の定なにがなんだかわからず周りをキョロキョロ。

とりあえず、同じテーブル(香港では相席がふつうらしい)の人たちを真似てお湯でお椀や箸を消毒。


そんなこんなしている間にも、、、


これこれ!おばちゃんが飲茶をたくさん載せたワゴンをガラガラ押しながら店内をグルグルしてるっ!

期待感高まる・爆

f0242532_07405670.jpg
ワゴンを押すおばちゃん達は一応何を運んでるか言いながら店内を回っているのだけど広東語全くわからない&私達の座った席は大きな丸テーブルの奥でワゴンのおばちゃんところまではちょっと距離あり。

こういう時は見よう見まねが一番。店内を観察してみると、席を立ってワゴンのおばちゃんのところまで行って中身を見せてもらっている人が結構いるではありませんか。それならと私も彼らに倣って1つずつせいろの蓋を開けてもらって中身をチェック。おばちゃん達、愛想笑いはないけれどみんな親切でした。

何度か空振りにあいながら、やっとお目当てのものをゲット。


じゃじゃん
f0242532_07431122.jpg
海老や小籠包など
f0242532_07431122.jpg
それなりに広い店内はすごい熱気

f0242532_07395978.jpg
f0242532_07405358.jpg

いや〜楽しかった。味もなかなか美味しかったし。

ディープな観光に慣れていない妹は食べ終わる頃にはかなりグッタリした様子だったけれど、お酢欲しさに自分の手のひらに「酢」と書いてウェイターさんにお願いするなどなかなか奮闘しており、それなりに楽しかった模様。



飲茶の後は、本日一番の目玉、香港の夜景を見に行くことに。

ただ到着日からそうだったのですが、天気がかなりイマイチ。けれど妹の日程に合わせるとここしかもう行く日がなかったので意を決して。後から考えてもここで行っておいて大正解でした。なぜかって?その話はまたあとで。


友人から山頂まで行くピーク・トラムは大混雑している可能性が高いのでその場合は市バスに乗っていくといいと言われていたのですが、思っていたほどではなかったのと、教えてもらったバス乗り場がわからなかったのでピーク・トラムで。30分待ちくらいだったかな。ちなみに後日乗り場前を通りがかったらこの日とは比にならないくらいの長蛇の列でしたよ。

f0242532_06354966.jpg

ピーク・トラム乗り場へいく頃にポツポツ降り出していた雨が山頂へ着く頃にはさらに激しくなり、強風まで吹き出し、果たしてこんなんで夜景は見れるのか?!と不安な気持ちのまま、暗くなるまでモールで時間潰し。


ブルース・リーの蝋人形!

ヤケになって撮影大会

f0242532_06324829.jpg


モール内をどんな感じなのか知るためにさらっと周った後、ネットが使えるカフェで時間潰し。


そしていよいよ!


うひゃあああ、すごい風。吹き飛ばされそうなくらいの風でした。

でもこの強風のおかげで靄が一掃されて、きれいな夜景を満喫できました!災い転じて福となる?!ちょっと違うか・笑

f0242532_06375554.jpg
これが噂に聞いていた百万ドルの夜景なのねー!
と、あまりの強い風にテンションが妙にハイになる・笑
f0242532_06443693.jpg

後に友人から香港も世界的経済低迷の影響を受けてイルミネーションの数が昔に比べて減ったと聞いたのですが、十分素敵でしたよ。


観光地でよくある、プロのカメラマンがとりあえず写真を撮って、あとで欲しかったら買うというサービスに乗っかり、3人で撮ってもらったものを妹と1枚ずつ記念に購入。なかなかよく撮れていていい思い出の品に。大判で1枚1000円くらいだったかな。


夜景を満喫し、再びピーク・トラムで下へ降りた後も相変わらず雨が降っていたけれど、めげずにスターフェリーに乗って九龍半島側へ。


I LOVE HONGKONG!!! 

フェリーより撮影

f0242532_07015220.jpg
対岸の尖沙咀(チムサーチョイ)ターミナルへ着いた頃には土砂降り。風も強かったので目的地までタクシーで移動。


向かった先は、湾沿いのインターコンチネンタルホテル。


ここでの目的は、バーで夜景を見ながらカクテルで乾杯すること。

このためにこの日は履き替え用のヒールを持ち歩きましたよ。

f0242532_06531036.jpg

雰囲気が大事・爆


帰る頃には雨も止み、徒歩でフェリー乗り場まで。実はホテルからターミナルまではほんの目と鼻の先。


途中、ペニンシュラホテルのイルミネーション

f0242532_07015064.jpg
香港島の夜景

f0242532_07015509.jpg

スターフェリー、帰りは中環(セントラル)ではなくホテルに近い湾仔(ワンチャイ)ターミナル行きに。また雨が降り出し、ターミナルからホテルまではタクシーで。


だいぶ遅くなったので夕食はホテルの隣のお店でと思っていたらすでに閉まっていたので、すぐ近くの別のお店へ。

大して美味しくはなかったけれど、少なくとも空腹は満たされた・苦笑。ここも安かったな。

f0242532_07460760.jpg

盛りだくさんな1日でした。

3日目(その④)につづく。


[PR]
by bettyko1 | 2017-01-21 01:05 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その②
2日目。

散歩がてらホテル近くの市場へ。
大きな食用カエルやら魚やらなんやらで朝からディープな一面を目の当たりにする・笑
カエルの山を見てうえっとなったのは私だけであろうか。。。
f0242532_20062703.jpg
お決まりの猫写真・笑 萌え♡ 
お店のおっちゃんが、グッドボーイだよって笑って言っておりました。
f0242532_20065776.jpg
その後はトラム&徒歩で湾仔(ワンチャイ)エリア周辺の香港歴史建造物巡り
f0242532_20244767.jpg
運転手さんに地図を片手に行き先を告げるも通じず(かつて英国領だった香港、英語話せない人結構多し)、乗るのを躊躇していたら、乗客のおばちゃん達が片言の英語と身振り手振りで手伝ってくれ、無事目的地まで行くことができました。このおばちゃん達、愛想笑いなんてしないから一見強面なんだけどかなり親切。でも実際旅を通して香港人は大概親切であることを実感した次第。

郵便局?
f0242532_20321587.jpg
洪聖古廟
f0242532_20323678.jpg
f0242532_20330419.jpg
元質屋
現在はレストラン
f0242532_20325879.jpg
f0242532_20330166.jpg
朝ごはんを食べていなかったので、途中腹ごなしに適当な麺屋へ。
他にもっと美味しそうなところもあったのだけど、妹にクーラーがあるところじゃないと嫌だと言われたので優しい姉はぐっとこらえて彼女に従う。
f0242532_20224487.jpg
エビワンタン麺。それなりに人は入っていたけれど、味は予想通り可もなく不可もなく。
ただ結構な確率で地元の人が飲んでいるレモン水が気になって頼んだらこれがとっても美味しくて、香港にいる間に何度も飲んじゃいましたよ。

香港映画の舞台としてよく使われている長〜いエスカレーター ミッド・レヴェル
f0242532_20345305.jpg
その後は中環(セントラル)エリアをぶらぶら町散策
f0242532_20445948.jpg
f0242532_20450995.jpg
とってもレトロな雰囲気の亀ゼリーのお店があったので、ここで漢方茶を立ち飲み
甘くしてあるので飲みやすいです
このお店、ガイドブックに載っていたことに後で気づきました苦笑
f0242532_20451212.jpg
レトロな粉缶
f0242532_20450613.jpg
ここ、なんだっけな。
ガイドブックにも載っている石畳階段の道
中国っぽいお土産屋さんがずらり
f0242532_20410236.jpg

f0242532_20410748.jpg
友人おすすめの「文徳廟」

f0242532_20413227.jpg
残念ながら内外ともに工事中でしたが、それでも日本のお寺とは違った廟の雰囲気が味わえました
f0242532_20412959.jpg
この後は遅めのお昼。
長くなったのでその③につづく。



[PR]
by bettyko1 | 2017-01-20 06:03 | 旅(フランス国外) | Comments(0)
香港&マカオ旅行記 その①
去年の話になってしまいましたが、日本帰国中、ちょいと足をのばして行ってきた香港&マカオ旅行記なぞ。

特に中華料理が大好きというわけでもないし、ジャッキー・チェンは好きだけど香港映画ファンでもないし、ブランド物にも興味がないせいか、わざわざ行こうという考えに至ったことがなかったので、長いこと私の中の行きたいところリストの下位にあった香港ですが、ある時なぜかふと行きたいって思うようになり、実際行ってみたら予想以上に楽しめたので、忘れないうち(最近ほんと物忘れが激しくて困ります)に旅の記録をかねてアップしたいと思います。

今回の日程は5泊6日。うち3泊は私とだんなに加えて私の妹の3人旅。

飛行機は初・バニラエア。
椅子が狭くて固すぎ。2時間以内ならまだしも、さすがに香港までとなると辛かった。テレビも当然ないしで大失敗。
ちょっとくらい高くても羽田発(成田遠すぎ。。。)の大手航空会社にするべきでした。ま、これも経験。

宿泊先は香港島のコーズウェイベイエリアにあるホテル「The Chaterhouse Causeway bay」。
部屋は香港のホテルはどこも狭いと聞いていたけれど、ほんとにファミリールームといってもベッドが3つ並べてあっていっぱいいっぱい・苦笑 ま、どうせほとんど寝るだけだからいいんですけど。
冷蔵庫も洋服ダンス(ハンガーを掛けるところは隅っこにありました)もテーブルもない部屋でしたが、とりあえず3人分の荷物を置けるだけのスペースはあったし、セーフティーボックスがベッドの下にあった(苦笑)のと、バス、トイレが清潔だったのでよしとします。
あ、なかなか便利な場所でした。個人的にはセントラルにすればもっと便利でよかったな、と旅の途中で気づきましたが。

空港ーホテル間の移動手段は、在香港友人のアドバイスに従ってセントラルまでエアポートエクスプレス、そこからはタクシーを利用。香港のタクシーは安いので便利。エアポートエクスプレスが結構いい値段するので、3人ならタクシーのほうが安上がり。妹は会社の同僚に迷ったらタクシーを使うといいと言われたそう。

初日はホテルに着いたのが夕方以降。朝が早かったのとフライトが快適でなかったために予想以上の移動疲れで3人とも、夜景を見みいくどころか友人おすすめの店のあるエリアまで足を延ばす元気がなく、ホテル近くで食事をすることに。
コーズウェイベイエリアにはおいしいといわれいてる麺専門店もあったりするのですが、妹が麺のみはやだというので(何でもいいという割にはうるさい)、散歩がてらコーズウェイベイエリアをあてもなく歩き、探し疲れ果てた頃に適当なところで妥協して入ったのがここ。

Lockhart Road沿いにある「美食園林餐廳」
f0242532_06442983.jpg
注文は一人だけ英語の話せる店員さんがいたのと1つだけ写真つき英語メニューがあったのでなんとかなりました・苦笑

あさりのガーリック炒め。
しっかり濃い味付けでビールに合う合う。
f0242532_06442443.jpg
青菜の炒め物
f0242532_06442774.jpg
それにしても一皿の量の多いこと多いこと。いつも山盛りの野菜を食べる妹のために青菜炒めを2皿頼んだら食べきれないくらいの量でしたよ苦笑。

お腹ペコペコだったせいもあるのかとっても美味しかった!そして値段もかなり安かった。ビール大瓶2、3本+お腹いっぱい食べて3人で2000円もしなかったような。満足満足。

その②につづく


[PR]
by bettyko1 | 2017-01-19 21:10 | 旅(フランス国外) | Comments(0)



パリ雑記 フランス人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1