ノエルのイルミネーション
生憎の雨模様でしたが、パリのノエルイルミネーションを楽しみました。


高級ショップが立ち並ぶアヴェニュー・モンテーニュ
クラシックなイルミネーションはやっぱりロマンチックで素敵
f0242532_05272345.jpg
通りから眺めるエッフェル塔
f0242532_05270704.jpg

シャンゼリゼ通りのイルミネーション

f0242532_05283845.jpg

去年まではLED使用のカラフルな60、70年代っぽい感じでしたが、今年はまた以前のような感じに戻っていました。
やっぱり私はこういう感じのほうが好きかな

シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトンのショーウィンドウ
f0242532_05280728.jpg
スマートなサンタの横で踊るトナカイ?
f0242532_05275474.jpg

凱旋門

f0242532_05285118.jpg

今年はパリ市の意向でシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットは中止ですが、以前からノエルに全く関係ないものが多く売られていたりといまいちな印象を受けていたので、個人的にはなくてもいいかなと。



[PR]
# by bettyko1 | 2017-12-17 07:24 | パリガイド | Comments(0)
ぬくぬく
毎冬のことながら我が家は寒い。

ので、小さな温風機が大活躍。

寒いのは人間だけでなく、毛皮を被った猫も一緒らしい。


二人でぬくぬく
あったかいね〜
f0242532_06171310.jpg
こうなると私は彼がどくまでは一歩も動けません。
でもうれしい。
言わずもがな、猫バカですな笑



[PR]
# by bettyko1 | 2017-12-16 00:16 | にゃんこ | Comments(0)
メゾン・カイザー(Maison Kayser)のシュトレン

今年もシュトレンの時期がやってまりました。

毎年友人パティスリー・セバスチャンのシュトレンを食べるのですが、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまったので、別のところのものも試してみようと、まずは手軽なところでメゾン・カイザーのシュトレンを買ってみましたよ。
*昨年のシュトレンの記事はコチラから

粉砂糖がこれでもかというくらいかかっているので表面は真っ白です。ノエルっぽいね。
f0242532_17554528.jpg
中はこんな感じ。
うわ〜、砂糖が層になってる〜・汗
f0242532_17555929.jpg
で、どうだった?

生地がしっとりしていて味はおいしいのだけれど、そのしっとり感と甘いドライフルーツが故にシュトレンというよりはフルーツケーキっぽい感じ。全体的に結構甘いしね。私にはちょっと甘すぎかな。ナッツもあんまり入っていないし、アーモンドペーストもちょっと足りない。

シュトレンってフルーツケーキのカテゴリーに入れられがちだけれど、実際にはドイツ風甘いパンのことをいうのでね。

一方、パリの老舗パティスリー・ストレー(Stohrer)仕込みのセバスチャンのシュトレンはまさにシュトレン。

ナッツたっぷりで甘すぎずおいしい
f0242532_17561307.jpg

次はどこのシュトレンを試そうかなあ。



[PR]
# by bettyko1 | 2017-12-15 08:10 | パン&お菓子 | Comments(0)
アルノー・ラエル(Arnaud Larher)のクイニーアマン
美容院でブルターニュ地方の話題からクイニーアマンの話になり、アルノー・ラエル(Arnaud Larher)のクイニーアマンがおいしいというので早速買ってみました。

クイニーアマンは温めたほうがおいしいので、オーブンのグリルでほんの少し、、、のつもりが・・・

あ”あ”〜焦がしてしまった・・・涙
f0242532_17021803.jpg
ま、でも表面だけなので気を取り直して早速いただきます。

熱いのでナイフで半分に切って中身チェック。

う’’ーん・・・・
f0242532_17023415.jpg
予想どおり、中は単なるパン生地のような感じ。バターの風味もあまりない。
底にだけバターと砂糖を固めたものがうすーくあるだけ。でもこれがあるおかげでかろうじてクイニーアマンの味がほんのちょっぴり味わえるという感じ。

こんなのクイニーアマンじゃなーい!!!!

パリでクイニーアマンという名で売っているクイニーアマンって、有名パティシエールで売っているのでさえこんなのばかりなんですよ。有名仏人パティシエールですからね、本場のクイニーアマンを知らないってことはないと思うんです。このお店の名前にもなっているアルノー・ラエール氏だってM.O.F(国民最優秀職人賞)の称号を持つ方ですから。
だから私の想像では本場のあの砂糖とバターの塊のようなものはパリでは売れないから敢えてこういう感じにしているのかなと。

でもそれなら別にわざわざクイニーアマン’’もどき’’を無理に売らなくていいのでは?というのが個人的意見。

あ、ちなみに味はそれなりにおいしいんですよ。

でもクイニーアマンじゃなーいっ!笑


*Arnaud Larher*
93 Rue de Seine
75006 Paris
月休み


[PR]
# by bettyko1 | 2017-12-13 23:07 | パン&お菓子 | Comments(0)
ベトナム料理@「インドシン (Bistro Indochine)」
久しぶりに近所のベトナム料理レストラン「Bistro Indochine (ビストロ・インドシン)」へ。
f0242532_21021332.jpg

口コミで広がったのか、場所はあまり良くないのにこの日も満席。
トリップアドバイザーの評価もよし。

で、実際は?
ほら、行ってみたら失敗ってこともありますから。

もちろんリピートするくらいなのでおいしいですよ。
13区のよくあるベトナムレストランとは違い、ちょっとおしゃれな雰囲気。私の好みではないですけどね苦笑
でもそんなだからか仏人のお客さん多し。

この日はいつもと違うメニューにチャレンジ。

まず前菜

ポーク入りパパイヤサラダ
f0242532_21035567.jpg
えび入りタマリンドスープ
f0242532_04113863.jpg
パパイヤサラダはふつうにおいしかった。それよりこのスープが大ヒット!二人で取り合い爆
私もだんなもタマリンド大好きなんですよ。

というわけで?メインは

鴨肉のタマリンドソース〜
鴨肉が柔らかい
ソースも旨し
f0242532_21045253.jpg

揚げた豚肉に米麺
カリッと揚がっていてこれもうまし
f0242532_21052316.jpg
たーっぷりのレタスとハーブに包んで春巻きのような感じで
ソースにつけていただきます。
このサラダたちがまたとっても新鮮
f0242532_21054398.jpg
デザート
ベトナム風ケーキとジンジャーアイス
ココナツソースがけ
f0242532_21060073.jpg
優しい味。しょうがアイスもイケる。アイスもちょっと食べたかったな笑

ここ、お肉をはじめ素材も結構いいものを使っているんですよ。
さすがに中華街のレストランと同じ値段というわけにはいきませんが、すごく高いというわけでもなく。
近所に手頃なおいしいレストランがあるのはうれしい。日曜日休みなのが残念。


*Bistro Indochine*
49 Rue de Dantzig
75015 Paris
01 45 31 87 27
日月休み
予約することをおすすめします


[PR]
# by bettyko1 | 2017-12-12 05:03 | おそとごはん | Comments(0)



パリ雑記 フランス人夫と猫の2人+1匹暮らし。
by bettyko1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31